Comment
Comment
star4.0
この第二次世界大戦中のドイツで読書によって生きる希望を見いだしていく少女リーゼルの成長の物語の語り部になっているのが、人が最も恐れる死神という点がとてもユニークでした。この世に生まれて来た以上、人はいつかは死ぬ運命にあります。死ぬのが怖くない人間なんていないでしょう。 空襲を避ける為に逃げ込んだ防空壕の中で、リーゼルが自分の記憶だけを頼りに本の朗読をはじめる場面が凄くいい。 リーゼルのその行為は、死の恐怖に晒された町の人々を、どれだけ勇気づけたことか。死神は人の好奇心まで妨げることは出来なかったのです。だが、やがて死神はリーゼルが愛した者たちの命を、容赦なく奪っていきます。後半はもう涙なしでは見れません。
60