Comment
Comment
佐藤凡
star4.0
内容も評価も大賑わい、まさに激「動」だった前作とは対照的に、全体を通して大人の色気が漂う、「静」なテイストの作品。 ついに悪の枢軸「スペクター」が登場し、その親玉であるブロフェルド役にはアカデミー俳優・クリストフ・ヴァルツ。大いに期待されたものの、ふたを開ければ、あまりにも小悪党のような描かれ方でガッカリ、という評価が多数。 しかし自分的には、よくある崇高な理想などからは程遠い、いやがらせ目的だけにテロを起こすような、最高に拗らせた性格というのが、いかにも本シリーズの悪役を象徴している感じで気に入った。 ストーリーは正直、もうひとひねりほしかったところだが、情緒・哀愁溢れる雰囲気はシリーズでも出色。特に、ミスターホワイトの内面が描かれたこととその娘がボンドガール、というのがかなり良かった。(…そのボンドガールを演じたのは、「M:I」にも出演したレア・セドゥ。二台スパイ映画の両方に出た俳優って結構珍しい気がする。)あと自分の好きな、バティスタがめちゃ強かったのも嬉しかった。 また、これまでのシリーズのオマージュやお約束が多用されているのも特徴的。クレイグシリーズという面においても、多作品との繋がりが一層深く、ヴェスパー、M、クォンタムetc…への回想・言及が多くなされ、まさに総決算的な内容。恒例(?)のチョイキャラ・フクツも登場している。みんな気づいた? 公開後、クレイグがしきりに「もう辞める」発言を繰り返し、トム・ヒドルストンが新ボンド役に浮上するなど、シリーズ最終作になるんじゃないかとの憶測もあった本作。確かに、シリーズの締めとしては少し印象が弱いところもあるが、続編公開が決まっている今となっては、落ち着いてこの深い情緒を味わうことが出来るだろう。
123