Comment
Comment
star4.0
予告は何回も見ていたのに、その時点でアンテナに引っかからず、ナーメテーター映画でした。ナメててすみませんでした。 結果、めちゃ良かったです。 ありがとうTwitter。 (Twitterでめちゃめちゃ話題になってたので、観に行きました) 山寺宏一が出てくるあたりで、もう涙が抑えられませんでした。 エンディングも本当に見事。 * 原作は20巻。私は未読です。 なので、原作のどの辺を切り取っているのかは分かりませんが、しかしこの映画が、めちゃくちゃ脚本が上手いのは分かります。 言葉での説明が最小限で、かといって不親切ではないように、情報が伝えられます。 * 音楽が良いなぁ、と感じていたのですが、エンドロールで鈴木慶一さんのお名前が。さもありなん。 エンディング曲は、作詞作曲・藤原さくら、そして編曲はmabanua!!目端の利き方に驚きました。 * 主人公のライバルが自室で読んでいるのは、『ホモ・デウス』の原書…。恐るべき小学生である…。 このライバルのエピソードもぜひ観てみたい。原作にはあるのでしょうか…。 * こういう、“結局みんな良い人”という話は結構苦手なんですが、運命という絶対的なものに翻弄されながらも、それに寄り添うように精一杯生きる、という描き方が良かったです。
150