Comment
Comment
ロアー(●⁰౪⁰●) ♀
star5.0
"最高"じゃ足りないくらい大好き! この映画が人だったら「結婚して!」って、その場で膝ついて求婚したいくらい大好き!勢いで結婚してもその後一生幸せに暮らせると確信できるくらい大好き! 笑って泣いて笑って泣いて、最後はもう号泣で目が腫れました。  ライアン・マーフィー監督なので期待しかなく観始めたけど、ホント今回もやってくれました。しかも最高のキャストで!これからも名作ミュージカルの映画化どんどんして欲しい。  冒頭からもう、最近あるようでなかったギラギラのミュージカル来た〜って大興奮でした。 曲は結構オーソドックスな曲調・・・というか、いろんなミュージカルナンバーの要素が感じられたから、作者も作曲家もブロードウェイをめちゃくちゃ愛してるんだろうなぁ。すっと耳に入ってくるキャッチーなメロディも良かったし、歌詞は更に良くて全曲名曲過ぎたので、観終わって速攻映画と舞台版のサントラDLしました。  メリル・ストリープの歌唱力が炸裂してた「♪It's Not About Me」 めちゃくちゃパワフルで好き~今朝の一曲。  アンドリュー・ラネルズの「♪Love Thy Neighbor」も良かった。コミカルなナンバーだけどすごく大事なことを伝えてて「同性愛は聖書の教えに反する」って思ってる人の前でしつこいほど歌ってやりたい。そこの教えだけ主張して「隣人を愛せよ」が守れてないとか、ホントその通り過ぎる。そういう人たちの着信音と目覚ましが一生この曲になればいいのに。 ところでアンドリューあんなに踊れるなんて知らなくてゴメンねww プロだもんねww もっともっと舞台以外にも活躍してほしいなww  「ムーラン・ルージュ」も「シカゴ」も大好きなので、ニコール・キッドマンの「♪Zazz」もご褒美過ぎました。サムロがフォッシー演じてるドラマまだ観れてないのに、頭の中では「ザズはどうした?」って言ってるサムロで再生されたので2倍のご褒美でした。  エマの曲とジェームズ・コーデンのシーンは、どれも心に刺さり過ぎてめちゃ泣いた。  ただ愛する人とプロムに行きたい。愛する人と踊りたい。それだけのことなのに、何の権利があって禁止するのか、どうしてエマみたいな酷い仕打ちを受けなくちゃいけないのか・・・  大人が平然と子どもを傷つけるのが信じられなかったし、ましてや親が自分の子どもを見捨てるだなんて酷過ぎる。 でも現実に同じようなことが起きていて自ら命を絶つ子もいる訳で、悩んで怯えてる世界中の子たちの元にバリーおじさんが来てくれればいいのに。  「♪It's Time to Dance」の 「音楽が鳴り始めれば誰が誰を愛そうと誰も気にしない」 「作ってみせよう未来の世界がどのようになるのか」 「当たって砕けろいつか実現する」  この辺り聴いてたら、もう堪えきれず号泣。  大々的に劇場上映しないと勿体ないくらいの作品だったけど、舞台<映画館<配信の順でより多くの人が観る訳で、中でもエマくらいの年代に1番届くのがネトフリっていう大手の配信な訳で、その辺も全部分かってて映画にしたんだろうなって思ったら、もうライアン・マーフィーにも泣けてくる。これからももっと世界を変えて欲しいので、新年の初詣行ったらついでにライアン・マーフィーの健康祈願してきます。全然関係ないけど小林清志さんの健康祈願もしてきます。  とはいえ、やっぱり劇場でも観たいし舞台も観たい。県内どこも上映ないし、地元でやっと「シカゴ7裁判」やってるところなので「ザ・プロム」も期待して待ちます。 来春、日本人キャストで舞台公演するそうなんですが、まだまだコロナの影響で行けそうにないのでこっちも再演を期待して待ちます。 私、基本的にカップラーメンの3分も待てない人間なのではよ。
80