Comment
Comment
star4.0
長編映画初監督となるガース・デイヴィスがノンフィクション本『25年目の「ただいま」5歳で迷子になった僕と家族の物語』を映画化した2016年のオーストラリア映画 ・ 広大なインドで5歳で迷子になった少年がオーストラリアに養子として引き取られ、20年以上の時を経て実の家族を探す物語 ・ 想像して欲しい 子供の頃に迷子になった時を 世界に独り取り残された感覚 それが25年続くとしたら… これは実話を基にした物語 ・ 原作を基にした邦題で結末から内容までなんとなく分かっちゃう作品なんだよね それでも役者の演技力と真実の持つ力でちゃんと魅せてくれてます 観れば分かるけど「LION」ってタイトルだけの方がよかったかな エンディング後のシーンは卑怯だなあ あんなの泣くわ! ・ 「スラムドッグ$ミリオネア」のデーヴ・パテールも立派な俳優になってて、主人公のサルーを演じている。2人の母親を持つ複雑な心境を好演 オーストラリアの母親を演じたニコール・キッドマンの演技はさらにすごい。母親は強い生き物なのだって感じる演技。それにしても歳をとっていい女優さんになったなあ オーディションで見出されたサルーの子供時代の子役かわいすぎ! ・ 映画の前半で目の当たりにしたインドの現実 孤児が年間何万人もいるという現実 この物語は何万分の1の奇跡 奇跡が起きなかった子達を思うと辛いけど このかけがえのない1つの奇跡を 素直に感動しようじゃないか
440