Comment
Comment
star3.5
★死ぬまでに観たい映画1001本《第四版》選出★ ずっと観たいと思いながら、なぜか変にもったいつけて観られる状況なのに観ないままの映画が何本もある。 本作もそのひとつ。 とうとう観た。 1962年の香港。同じ日に同じアパートに引っ越してきて隣同士になった2組の夫婦。チャン(トニー・レオン)とチャウ(マギー・チャン)はいつのまにか互いの伴侶同士が不倫関係になっていると気づく。やがて二人の間にも愛情が芽生え始めるが、倫理観との狭間で懊悩する。 これはもう、トニー・レオンとマギー・チャンのなんとも言えない色気に尽きる。そして、ロケーション、カメラワーク、音楽が相まって、映画の中に身を委ねる心地良さを感じた。 マギー・チャンは場面ごとに着ているチャイナドレスの柄が変わる。これはウォン・カーウァイの狙い、いや趣味か?いずれにせよ、彼女の体のラインはとても美しい。 あとトニー・レオンが小説執筆のために借りた部屋の番号が2046だった。この時点でウォン・カーウァイの中に『2046』(日本では木村拓哉が出演したことで話題になった)のイメージがあったということか。 本作を観てしまったら、やはり次はこれも未見の、あの映画だな。 【Netflix 】
110