Comment
Comment
刺繍屋
star4.0
自分としては珍しく二週続けて映画館に行ってきました。 とは言っても、まだ観たいと思っている新作は上映されてないので、先週の“アベンジャーズ”に引き続き、今週はこの作品に。 何気にこの作品、レビューしてなかったんですね。 今更なんで、簡単に。 “スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム”までの所謂“インフィニティ・サーガ”を観終わって、こうして改めて観てみると、やはり感慨深いものがありますね。 初めて観た時は情報量が多い上に、個々のヒーローたちにスポットを当てるためにシーンの切り替えも早く、当然のようにアクションシーンも多いので、頭がついていっていないのが、今回の再鑑賞してみて、よく分かりました。 アクションシーンの出来の良さは今更書くまでもないですが、各ヒーローたちの人となりもこの短い尺の中で、本当に上手く描かれていますね。 特に今作は生身の人間であるため戦闘に関してだけ見れば、どうしても一歩遅れを取ってしまいがちな(2人とも人間の域を超えた戦闘力の持ち主ですが)ホークアイとナターシャがクローズアップされているのも好印象でした。 他のヒーローたちと違い単独での作品が無い(この時点で、ですが)2人に親しみが持てますよね。 そして、キャプテンはますます恰好良くなってますね。 再鑑賞でもやっぱり面白かったです。 来週も時間があれば“アイアンマン3”を観に行きたいと思ってはいるのですが、3週続けてはちょっと無理かなぁ。
100