Comment
Comment
star4.0
[ワシがジェームズ・ボンドじゃけえ…] シリーズ第21弾 6代目ボンドは皆様ご存知のダニエル・クレイグ。 ハマり役のピアース・ブロスナンの降板が残念だったので、新生ボンドには[え~…]と思ってました。 シリーズとして更なる転換期を迎えた本作は、従来作とは一線を画す変革を見せます。 派手なガジェットに頼らないリアルな展開。生身のアクション。 [前回の事は前回まで]と、今までの一話完結スタイルから、連続性のあるストーリーに変更。 権利問題をクリアにして、満を持して描く[ジェームズ・ボンド誕生の物語]。 再始動に相応しい設定です。 おどける余地の無いハードタイプのボンドはとても殺しの初心者には見えませんが、[あっこれはもう007じゃなくてもいいや]と思わせてくれる王道サスペンス・アクションでした。
270