Comments
Comments
    star4.0
    デ・パルマ、アル・パチーノ、ショーン・ペンこりゃもうすごい映画にならざるをえない作品ですな。ずっと観たいと思っていたが、上映時間150分は中々長くて、尻込みしていたが、一念発起してようやく観れた。観て良かった。面白かった。 アル・パチーノといえば、やはりマフィア役が一番しっくりくる。この役も勿論はまり役でした。元麻薬王で暗黒街の顔役だったカリートを重厚に迫力たっぷり渋みたっぷりで見事に演じていました。アル・パチーノって本当に頭の回転が早いんだろうなって思う。様々な役作りの果てにあるのかもしれないけど、全くそれを感じさせず、スマートにクールにやってのける印象がある。今回の作品もかなり難しい役ではないだろうか。元麻薬王で貫禄満天だけど、堅気になろうともがき、恋人には普通の男になって接している。こんな役を何の懸念も感じさせずにやってのけるのは、アル・パチーノにおいて他はいない。本当に素晴らしい役者だ。 音楽の使い方に少し違和感を感じた。特にアクションシーンだ。重々しい音楽か音楽なしでも充分なのに、少しポップなBGMが流れていて、作品全体がマフィア映画としての重々しい感じではなく、どこかアクション映画のように大衆向けというか、エンターテイメント的になっていた。でも、それが嫌というわけではなく、見易くなっていると感じたし、少し若い世代にも目を向けた作品になっているのではないかと、思ってみたり。エンディングの「You Are So Beautiful」も一度聞いたらしばらく頭から離れない曲だし、大ヒットした曲だし、映画好きが好きな作品ではなく、社会現象を起こすような誰もが好きな作品なんじゃないかと思ってみたり。
    80
    過去の栄光を捨て 新しい人生を切り開こうとするカリート 過去の栄光を讃える昔の仲間達 太陽に近づこう近づこうともがいても 闇の世界から抜けることができない ただのギャング映画じゃない アル・パチーノの主演の映画の中では好きな映画 ショーン・ペンのクズっぷりもはんぱない
    40
    映画の流れ、入ってくる情報からカリートがめっちゃ主人公になっていて凄い。ちゃんと視聴者がカリート視点になる画面構成が凄い。視点のコントロールどうなってんだよ。これはカリートが中心な内容で、カリートに入り込む。カリートという麻薬に浸るように見ることを勧める。弁護士のターンもあった。明らかに船に空いた穴だ。ドアの隙間や盗聴機に気づいたカリートがその穴に気づくのか。いや、結果は分かるだろう。どう溺れちまうのかを待つのだ。なるほど。気づいてはいたのだ。変えられなかった、いや止められなかったんだ。穴を何とかする事ができなかった。明らかな詰み。分かってからの補修で時間稼ぎ。すげぇ焦らすよ。緊張の糸は張り詰めさせて切るものだ。そして眠るのみ。
    This may contain spoiler!!
    30