Comments
Comments
    star3.0
    ストーリーは予定調和で意外性はないものの、リリー・フランキーの演技に引っ張られ、物語に没入していく。雨が印象的な画面、この物語に観客として揺蕩うかんじがたまらない。無駄に引っ張らず、52分で終わるのもまたよい。
    10
    漂う家族とカレーの匂い。
    This may contain spoiler!!
    00
    正直言って泣ける映画で私はしっかり泣かされた。リリーフランキーが実質一人芝居で冒頭は状況がハッキリせずただカレーを作る為牛肉を切り炒め野菜を入れて鍋で煮込みながらラジオを聞いたりするシーンが続く。ただ、最初に幼い子供とリリーフランキーが遊ぶシーンが子供が居ると思わせるがリリーは一人住まいのようで奥さんも居ない、そしてリビングの食卓には幼い子供の写真が飾られている。話が進んでいくと子供が病気で亡くなりそれが原因で奥さんも家を出た事が分かる。カレーを作ったのは奥さんの誕生日を祝う為なのも分かる。そしてその後は…という作品。他の人の評価は必ずしも高くないようだが私には響いた。良い映画だと思った。 それと冒頭に別の作品伊藤沙莉と大水洋介のリモート兄妹喧嘩「HomeFight」も上映されたが笑った。リリーさんの映画とは全く別で2本の映画だが全部で80分でありチョット短いなと感じた。
    00