Comments
Comments
    水の中で生きる 家で見るのには条件が悪いかも。暗くて途中全く見えないシーンが結構あったせいか、私には話がわかりにくかったです。 ただ、ギドクの原点ここにあり!と思わせてくれるシーンが満載で、 これはキム・ギドクに魅了された人は見といた方がいいでしょうね。 今回の見せ場は、ラストの画。 多分これをスタートにして作ったのだろうなあ。(キム・ギドク作を見る度に北野武の映画が思い浮かぶ理由の一つにラストから作っていく共通点があるのかも、と今回思いました。) 追記)実は、漢江が舞台のせいなのか、グエムル~を思い出したのですが、これって、まんま、グエムルだよねぇ。と、あの擬似家族を見ながらついつい思ってしまい、グエムルがヒットして、ギドク監督が一言いたくなった気持ちは分からないでもないです。(グエムルを見た人にはこの感覚は伝わる気がします。) (2010/10/28 投稿)
    10