Comments
Comments
    star3.5
    トラウトマンの抱え続ける過去の秘密が、キーパーとして活躍し元ナチ兵であることを周囲に受け入れられた後も彼を苦しめる。それでも生きたトラウトマンの伝記、という感じの話。 トラウトマンの妻が彼を責め立てる人たちの中に入っていき話をしようとするのに、周りの男たちは女性である彼女に話をさせようとしない。そこに、若い女が勇気を出して話をしようとしてるんだ、と周りを黙らせてくれたオジサンがいて、本筋じゃないけどそれがよかった。
    This may contain spoiler!!
    10
    第二次世界大戦後のイギリスが舞台の映画で実話を基にした作品。ドイツ兵士が捕虜になるが地元のサッカーチームでキーパーに駆り出され活躍し名門チームのキーパーにスカウトされ大活躍する(プライベートでは地元チームの監督の娘さんと結婚する)という話。イギリスとドイツは戦っていたのでドイツ軍の所為で身内を無くしたイギリス人は多く大ブーイングされるが結果を出して受け入れられ尊敬されるようになる。実際にファンは現金であり点を取られないキーパーが居ればどこから来ようと応援するだろう。途中、最初の男の子が交通事故で亡くなり兵士であった時の贖罪意識があり落ち込むシーンもあり良い事ばかりでない山あり谷ありの人生を描いており良い映画だと思った。
    10
    star3.5
    中盤は退屈な時間がありましたが、終盤の伏線回収がドラマチックで泣ける場面が多々あった。映画館、5割以上の観客数。ピカデリーの施設が大きくて(エスカレーター10階まで)驚きました。
    00