Comments
Comments
    star4.0
    2020.12.29.195 成績最低クラスのビリギャルが、塾に入り“私立の雄”慶應義塾大学を目指す物語。落ちこぼれから心機一転、必死に頑張る姿も、それを応援する人も、キラキラ輝いていて素敵だ!モチベーションを上げまくる塾講師、素敵だ!自分の可能性を信じて、泥臭く頑張ることの美しさを再認識させられる、いい映画だった!挫折しても、もがく姿すら美しい。家族問題もなかなか胸を打つ。さやかちゃん、母親、塾講師は尊敬に値する。そして何より有村架純ちゃんが最高にキュートだった
    270
    登場人物がみんな素晴らしすぎる。 本当にいい人達に囲まれて さやかは幸せ者だなって思う。 本当に何もないところから始めて、あそこまで上り詰めるのは並大抵の努力では足りない。 強いて言うなら、もっとその辺りの過酷さをもっと滲みださせてほしかったなぁ。 自分の可能性を信じることの大切さ、他人の可能性を信じることの大切さ。改めて学んだ。 本当に本当に信じるって大切なんだ。 私も情熱をもって ただただ突き進む人間になりたい。 終盤の、おんぶのシーン好きだな。田中さんの表情がすごくいい。素晴らしい両親です。 このDVDを手元に置いておきたいな。 映画がどうこうではなく、 この素晴らしい実話が大好きだ。
    102
    何度見ても泣いてしまう。 その名の通り、偏差値最低のギャルが慶応大学に合格する話。もう見る前から結末わかってる。 だけど、模試の結果に伸び悩む。苦しい、辞めたい、寝たい、遊びたい。でも、母親が親戚からかきあつめたお金で通わせてくれてる塾を辞める訳には行かない。 全部投げ出したい。なんのために頑張ってるか分からない。 そんなモヤモヤした気持ちとか、親とか友達とかそういう一人一人の気持ちが丁寧に描かれていて何度見ても泣いてしまう作品。
    80