Comments
Comments
    star3.5
    途中までよくわかんなかったけど途中で何となく察して捻りなく終盤。簡潔に言うとこんな感じ。 そこを補うのはレジェンド達の活躍という感じ。 スーツ的にはウィザードが好きなんだよなー。腰マントたまんないんだよなー。 ほんで佐藤健復活。 モモタロスのあの言葉は完全に佐藤健に向けて言ってたよね。ちょっと泣けちゃったよ。 でも欲を言えば良太郎見たかったよなぁ。でも今の佐藤健が良太郎やってるイメージ出来ないよなぁ。笑 あとスーパータイムジャッカーの大東くんがすごい悪くて良かった。最後すごい小物的に散ってしまったけど。 なんだろう。悪くないんだけど、悪くないんだけど… やっぱ脚本と監督かな… 靖子にゃん監修じゃなくて書いて欲しかった。 こんなにたくさん、というか平成全員出るやつなら坂本監督がドーン!バーン!ってやってもよかった気がする。話なんて後からついてくるわ形式で。本当は柴崎さんかカミホリさんが良かった…。
    20
    平成最後のライダー・ジオウと一年前のライダー・ビルドを中心とした、平成ライダー20作記念作品。ライダーが偶像化した世界と、ライダーが現実にいる世界が一緒になった世界で、暗躍するタイムジャッカーと、タイムジャッカーから逃げる少年と、ライダーが好きな高校生と、記憶が無くなるライダーたち… まさに20作記念作品!あの人も登、参上する!
    10
    もう平成仮面ライダーが大集合して、全員にアクションの見せ場があっただけで最高だったんだけど、「主人公が仮面ライダーファン」で「仮面ライダーは虚構」という攻めた設定で、ファンに向けて作られているというのがビシビシ伝わってきた。現実?虚構?を行ったり来たり、過去と未来を行ったり来たりで何がどうなってるのかよくわからなかったけど、もう最後の畳み掛けるライダーキックの嵐が超かっこよかったので細かいことはどうでもよくなった
    This may contain spoiler!!
    10