Comments
Comments
    star3.5
    あの日あの時、あの1分間。それはとても強引でロマンチックな瞬間で、積み重ねたら愛に変わる。 愛を欲するあまりに、自分からそれを遠ざけようとするあなたは、とても可哀想にみえた。 全てを知って逃げ出そうとしても、その翼は傷ついてしまった。 もう少し先へ、あと少しともがきながら羽ばたけど、もう風すらも吹いてくれない。 そもそも翼のあったはずの一部が疼くだけなのかもしれない。 哀しさと美しさの刹那に、ざらざらと心がさわぐ。 永遠になった、あの瞬間。
    20
    プレイボーイのヨデイはサッカー場の売り子スーと付き合うが、ダンサーのミミに出会うとスーを捨ててしまう。 そんなスーの前に現れたのが巡査のタイド、傷心のスーを慰めてくれる。 ヨデイは養子で、実母がフィリピンにいると聞いて、ミミを捨てて単身、フィリピンに行ってしまう。 捨てられた形になったミミに好意を寄せてきたのが、ヨデイの親友サブだった。 みんなの人生を振り回すヨデイだが、みんな何らかの形で立ち直っていく。
    00
    1分てとても短いけど長い時もある。 過ぎた時を全部忘れたいけど、忘れられない瞬間がある。ロマンチックだけど少し辛い。 ウォンカーウァイの世界観に時々ハマりたくなる。 60年代の混沌とした香港マカオフィリピンと、あのカメラワークと音楽とか 緑色のネオンぽい世界観とか雨とかホント最高。香港の蒸し蒸しした湿気まで感じる。笑 男女の偶然の出会いと予期せぬ別れ的な描き方もウォンカーウァイの作品ぽい。
    00