レビュー
レビュー
star3.5
リチャード・リンクレイターが監督・脚本を務めて製作された2017年のアメリカ映画 ・ リンクレイター監督は恋愛、青春、実話など多岐にわたるジャンルを監督してきた人だから、どんな話であれ期待値は高い監督の1人だ ・ ベトナム戦争の戦友だった3人の登場人物が30年振りに再会する。仲間の1人ドクが妻を亡くし、さらにはイラク戦争で息子を亡くしたと語る。3人はそんなドクの息子の遺体を迎えに行く旅に出るといったロード・ムービーだ ・ 50歳のスタンド・バイ・ミーなんて言われているけど、30年振りにあっても当時の仲間のままである感じと30も歳をとった人生の変化のバランスが面白い作品。悲しいテーマの中にユーモアもあるという目指した場所がかなり難しい内容でもある。原作をリンクレイター監督がかなり脚色してるみたいで、複雑にし過ぎて少し分かりにくい。もう少し単純な脚本の方がよかったかも ・ この作品の見どころは脚本より俳優による演技だろう。妻も息子も亡くしたドク役のスティーヴ・カレル。3人の中で一番コメディを得意とする俳優なのに、一番笑えない役を演じているのが面白い。昔はヤンチャだったのに神父になったミューラー役のローレンス・フィッシュバーン。名バイプレイヤーらしい3人キャラクターの個性のバランスをとる舵取り的な演技 ・ 今回一番よかったのは子供のまま大人になったようなBARの店長サルを演じたブライアン・クランストンだ。嘘が嫌いで国も嫌い。思ったままを相手にぶつけるからウザがられがち。そんなサルは人間味に溢れてていいキャラクターだったし、クランストンの演技が自然で、こんなくそ親父になりたいものだと思えた ・ あんまり内容に共感するだとか、感動しまくったといった印象は残らない作品だったけど、3人の俳優の演技を観ているだけで面白かった。演技って時に脚本を超えるものだね。まあ本来は演技に負けない脚本、脚本に負けない演技が合わさるのが理想なんだけどね
30