レビュー
レビュー
star5.0
「自分が信じている物だけが、全てではない」 自分が今まで見た映画の中で「完璧な映画」の一つがこの作品です。 音楽、演技、ストーリー、映像すべてが自分にとって完璧で 、2回目の鑑賞でしたが、見る度に違った感じ方が出来る映画です 物語は、科学者の主人公が、仮装パーティで出会った女性に惹かれ、写真に写った瞳だけを手がかりに彼女を探し出します。2人は恋に落ち結婚を決めるが、ある悲劇が彼らを襲う。 数年後、研究者として成功を収めた主人公は、瞳に関する衝撃的な事実を見つけます。 この物語は、科学と宗教の対比や、輪廻などの宗教的かつ神秘的なものを描いていて、序盤から映画の雰囲気に引き込まれていきます。 映画を見終わった時の余韻が強くて、本当に起こりえる事なのかと神秘的な心情になりました あと一つメッセージとして、エンディングの映像からも感じ取れる様に、科学の行き過ぎに警鐘を鳴らしている映画なのかもしれません。
20