レビュー
レビュー
ジュネ
star2.0
もうここまでやった佐藤監督を誉めてあげたいです。こんなにひどい条件の下で映画を撮れと言われたら、大概の人は投げ出してテキトーに仕上げるのが関の山だと思いますし、私だったら土下座して断ります。予算も明らかに少ないのが丸わかりで何だか泣けてきます。 衣装もコスプレ大会みたいなペラッペラの服ばっかで全く手がこんでないし、ロケ地も映画とは思えないスケールの小ささだし、化け物のCGクオリティも今時考えられないほどの安っぽさ。役者陣も作り手が選んだとは到底思えない布陣で、ここまで事務所のゴリ押しが露骨に目立つのも珍しいんじゃないでしょうか。 雅も杉咲花も早乙女太一も演技が下手すぎて見てられませんし、ルキアは原作のイメージ0、恋次も白哉もガラの悪いヤンキーみたいで酷かったです。死神代行編に絞り、ストーリーを可能な限りシンプルにした構成はなかなかだと思いますが、続編を意識しすぎて一護の覚醒も映画としての結末も消化不良かつ中途半端になっており、典型的な失敗作としか言えません。 ですが、監督や脚本家を責める気にはどうしてもなれないと言うか…。冒頭でも述べましたが、こんな素材と予算で傑作作れる人なんて皆無だと思うんです…。
60