レビュー
レビュー
star3.0
予告公開で知っていたが、いつの間にか公開され、レンタル店に並んだ小粒な映画 高校野球の鬼コーチだった堤真一、野球退部、高校も中退した柳楽優弥、ふたりは偶然再会するが、柳楽はあることに直面していた 堤と柳楽を〈疑似親子〉ともとれる演出で、最後の終演を盛り上げる どこにでもいそうな50代と20代の男を、堤、柳楽がそつなく演技、特に柳楽の演技はもちろん〈陰のある雰囲気〉は、演技をする上での彼の強みであり、脇役出演が多いのも理解できる お話しは込み入っていないだけに〈俳優ふたりに預けた〉ところは正解だが、チョッと解りにくい〈柳楽の行動と心情に堤が奮起する〉流れは、なんとなく解る程度で〈説得力が今一歩〉 〈高校で情熱を燃やした高校球児〉なら、もっと感動する部分は多いかもしれない
10