レビュー
レビュー
star4.0
バルセロナの片隅で、妻と別れ幼い2人の子供たちと貧しく暮らす中年男が、余命2カ月の末期癌を宣告され、愛する子供たちのために残された時間を懸命に生きる姿を描く、イニャリトゥ監督作。 次々と起こる不幸の連鎖と、迫り来る死の恐怖の中で、「生きる」ことの意味を問う。 「自らの限界に挑戦した」と語った主演のハビエル・バルデムの魂の演技は、見応えがあった。
30