レビュー
レビュー
star4.0
1990年代、アメリカの裕福な白人一家の前に、貧しい黒人母娘が現れる。 白人一家は夫は弁護士、妻(リース・ウィザースプーン)は地元紙の記者、男女各二人の四人の子供がいる。 黒人母娘は各地を転々としているようで、母親(ケリー・ワシントン)は芸術家らしい。 これに関わってくるのが中国人の女性で、生後間もない娘を捨てたことを悔やんでいる。 みんなが罪を犯すホームドラマで、結末が気になって見続けることに。
00