レビュー
レビュー
wishgiver
star4.0
ラストベルト(錆びついた工業地帯)にある、アメリカで最も惨めな町イリノイ州ロックフォード。 そこに暮らすキアー、ザック、ビン(本作の監督でもあります)の12年間に渡る映像を使った珠玉のドキュメンタリー。 『mid90s』の実話版とも言える本作はタイトルの『行き止まりの世界に生まれて』きた少年たちの家庭内暴力、貧困、そして絶望をスケボーと共に描いた傑作でした。 スケボー仲間といる時だけ幸せでいられる。 そしてそれをずっと撮っている、映画作りを夢見る少年がいるところも『mid90s』と同じ。 2016年の大統領選で、このラストベルトの人々の投票がトランプ大統領誕生に大きな影響を与えたことを考えても、アメリカの今を知る貴重な作品だと思います。 ビンが撮りためたスケートビデオと共に描かれる12年間の軌跡は苦しくて辛いことがほとんど。 それでも彼らの笑顔に希望を感じられる素晴らしい作品でした。 (2020.9.22@アップリンク京都)
50