レビュー
レビュー
star5.0
私には身に染みる映画でした。 躁うつ病で躁と鬱が繰り返される 日常生活とか人間関係とか 自分の感情とかコントロールできない事とか 人間誰しも悩むことはあるし 悩みを抱えず生きてきた人なんていないと思う。 けど、寧子のさらけ出し方 そして趣里さんの表現力すごいなと 思いました。 生きてるだけで疲れる。 私は私と別れられない。 たぶん私達が本当に分かり合えたのなんて一瞬くらい。 でも私はその一瞬で生きてる。 私も寧子と同じような感覚を 感じたことがあります。 見つかっちゃうんだよ。って言葉 になんとなく共感してしまいました。 津奈木が寧子の傍ににいたこと それは好きとか依存とかの言葉ぢゃ 表すことのできない。感情。 菅田くんの演技もいつもに増して好きでした 難しい役柄で表現しにくいところを 感じさせられる。 菅田くんの良さをまた感じてしまいました。 配役がすごくよかったと思いました 個人的に好きな俳優さんばかりでした。
110