レビュー
レビュー
star4.5
アフレコされた“犬の気持ち”に人への絆や愛が満ち溢れていて、何度も涙腺が完全崩壊した映画。犬のかわいい仕草や賢いシーンも満載。 「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」('85)、「HACHI 約束の犬」('09)に続いてラッセ・ハルストレム監督が手掛けた3作目のドッグ・ムービー。W・ブルース・キャメロンの小説『野良犬トビーの愛すべき転生』が原作。映画の原題は「A dog's purpose」。 ストーリーこそ深くはないものの、犬の演技や素の行動が上手にストーリーとして繋げられている。通して犬の目線で描かれていて、犬の感情をアフレコしてあるので、“犬の気持ち”に感情移入できる映画になっている。その犬の気持ちが、とにかく人への絆や愛に満ち溢れていて、幾度も出てくるそのシーンや、“犬生”を終えていくシーンに涙が止まらなくなる。 どう訓練したら、動物のあんなシーンが撮れるんだろうと言うくらい、犬のかわいい仕草や賢いシーンが多数登場。物憂げに人を見つめる目や、ドッグキャッチ、クルクル回ってしまうのがとてもかわいい。さらに溺れる人を救助までしてしまうシーンには驚く。 うがった見方をすれば、ストーリーに少し強引な部分もあったので、そこが解消できていればもっと良かったかも知れない。
290