レビュー
レビュー
star5.0
鑑賞後すぐももちろん「大好きな映画だなー!」っていう感想で、星4をつけましたが、1週間ほど経った今、星5です…。 ヨシカはもちろんイチもニもクルミも全員が愛しくて、でも自分を見ているようで恥ずかしくてしょっぱい気持ちになります。 特に好きなシーンは、イチが「俺いじめられてたのに」っていうシーンと、君、君とヨシカのことを呼ぶシーンと、ヨシカが友達の名前を調べて「バーーカ!」って言うシーンですね、どれも思い当たるような節があって胸が痛くなりました(笑) あとは序盤で宅急便の配達員がみえなくなった瞬間はしゃぎ出すヨシカはかわいすぎて、笑いました。 他人には悪趣味なあだ名をつけるのも、自分のことを指摘されてるみたいでああぁ…ってなって辛かったですけど、ヨシカはそんななのに誰かに名前を呼んでもらえないことにまっすぐに傷ついてしまうのが、ヨシカの素直さというか、純な部分で、切なくなりました。 この映画は話の流れというよりは、ここのシーンがすき!ここのシーン!このセリフ!動き!っていう散りばめられた小さな部品1つ1つに共感したりすることができて楽しいです。 映画館で見るのもいいけど、早く家で一人さみしく見たいです(笑)
120