レビュー
レビュー
ざべす
star1.0
富豪でありながら満たされない人生を送った男のストーリーと、画期的な映像構成が評価されているらしい名画。 映像に関しては、現代の技法で見ることもあるので「原点がここに」と思う場面がいくつかあるが、解説音声ガイドみたいなもんをつけてると面白がれたんだと思う。 ストーリーは、いたってシンプルすぎた。 “人間はいらないけど、愛情は欲しい 特に「ママを求めている」 だから人間嫌いなのに女性をそばに置こうとする” 謎の根幹と答えもここら辺にある。 よく「現代病だ」と言って人間関係の希薄さや人情味のなさをあげられるが、 1941年でも同じ問題が取り上げられてるじゃない。 情報・メディアのなんやかんやも現代に通ずる。 ということで現代でも楽しめる普遍的なテーマなんですが、それ以外なんもねェ!から冒頭で描きたいことに気付いてしまってからは「知ってる」「それ知ってる」とコックリコックリ頷くしかなく……このテーマに興味があるとまた違ってくるかと!!
10