レビュー
レビュー
star3.0
宮部みゆきのベストセラー「模倣犯」の続篇で、小説はスケール感に乏しかった。 前作同様、異常犯罪者が登場、トラウマに悩まされる主人公(仲間由紀恵)が立ち直れるのかがキーとなる。 「模倣犯」の映画版はキャスティングに失敗、凡作となったが、今回は犯罪者の不気味さがよく出ていて面白かった。
00