レビュー
レビュー
star3.5
韓国映画で真正面から『エクソシスト』をやろうとしたのだろうとは思う。 悪魔がキリスト教における存在であるなら、その厄災の向く先はあくまでもクリスチャンでなければならないのではないか。本作で悪魔が仇なすのは、神父である主人公の兄の家族だ。本編を観るかぎり、彼等がクリスチャンであることを伺わせる描写はなかった。そもそも悪魔は悪魔祓いで傷めつけられた仕返しのために憑く相手を決めるのか?また、内容は伏せるが、あんなに様々な技を使えるものなのか? と、いうようなことを観終わったあとに考えるうちに、結局本作は上澄みだけをすくって余計な味付けを施してしまった“エクソシストっぽい”だけの映画だという結論に達した。 とはいえ、観応えという点ではじゅうぶん。ただし、韓国映画の専売特許、“容赦なし!”が発動しているので、観たあと厭な気分があとを引くのは間違いない。 【U-NEXT】
70