レビュー
レビュー
star0.5
映像と音楽は鳥肌物でしたが ストーリーが共感出来ない箇所が多々ありました お母さんの川で子供を助けるシーン 周りにあんなに大の大人が居たのにも関わらずに 鈴のお母さん只一人だけ女の子を何故救いに行ったのか、現実味無さすぎて理解不能 竜という存在は本当に必要だったのか 知らない子に共感は出来ない もうちょっと接点ある人物の方が共感出来た お母さんに似て正義感強く育ちましたってことか お父さんも娘と距離を空けすぎなのでは? 鈴自身も自分で父との距離があるの分かってて何故塩対応?お父さんも愛する妻を失って悲しい気持ちは一緒なのでは? 忍くんの存在謎 恋愛要素を捻じ込みたかったのかも謎のまま 彼の存在とは 見せ場をもうちょっと作ってほしかったです なんか鈴にベルだろって言うシーン どっかで観たなーと思ったら、時をかける少女の お前タイムリープしてねえ?のシーンと既視感 1番の謎シーンはダンスシーン え?このシーン要るの?ここから観ていて苦痛に変わってくる うわーファンタジー!で済めば良いのだが どうしても美女と野獣が邪魔をしてくる チープな美女と野獣を観てる気持ちになる あと、保護する為に児童相談所に電話するシーンで 48時間を空けなきゃいけないってシーン あ、そこは現実味あるんすねってなる 鈴が東京に2人を救う為に会いに行く時も 虐待チックな映像を観てたのにも関わらず 女の子1人で救いに行くってのも え、、、ってなる いや、大人も行こうよ、警察に連絡してよ、心配でしょ明らかに 無事2人と合流するシーンも 上手い事弟が見つけてくれる えええ!?あんだけの少ない情報でよく巡り会ったなと、普通に外出れてますやん兄弟も 結構ボコボコにされてると思ったけど、割と普通 虐待父親もそこで竦むのか 子供を散々殴って少女1人に竦むのは滑稽でした 帰ったら帰ったで 皆んなで「お帰りー!」のシーン え?軽!!!もっと心配しろよと お父さんもタタキ食うかとか意味分からない発言 お父さんをタタキにしたい気持ちになりました 全てにおいて細田監督が今まで積み上げてきた映画で間違いない作品だけど 逆に新しい物が無い作品と言えます
675