レビュー
レビュー
star4.0
1979年ダスティンホフマン&メリル・ストリープ主演の名作  数ある ダスティンホフマン主演作の中でも ダスティンホフマン超スペシャル自然な熱演名演が光る 本作 モチロン共演のメリルストリープの名演もバッチリ輝いてはおりますが、、、 この作品 原題も クレイマー。クレイマー 離婚裁判という意味合いがあるようで、、ところが ドッコイ たしかに後半はリアルな 日本でいう調停のようなものでしょうが、可愛い可愛い実子ビリーの親権を争う 大人の 身勝手ないいぶんと 双方の弁護士のビジネスのための 弁護、、ここは子供には見せたくないシーンです それでも本編を最初からラストまで観ると これが また なんと素晴らしい愛の物語かと 生まれた環境や 観る側の価値観で 色々な観方があると思いますが 私は この作品で 痛切におもうことは 本当の愛情  ほんとうに大切な人 ここでは それがモチロン 愛息ビリーなのですが、、 そんな大切で大好きな愛する人とは いかに 1分 1秒でも 一緒に居られるか 一緒に居たいか それが どんなに困難で 難しい境遇や 環境でも  側にいて 本を読んでやったり  それがフレンチトースト作りだったり  ジャングルジムに登るのを見てやったり、、、昔話しをしてやったり おんぶをしてやったり  私は 本作のビリーのように 父親と 幼少のころ こんなに ステキな時間を一緒に過ごした記憶がほぼないので、、、  本作の 父親テッド『妻ジョアンナに離婚されるまでは 家庭を顧みない仕事人間だったが、、』  のように離婚後テッドのビリーに対する 自己犠牲なぞなんのその 深く 深い愛情が 大変羨ましくも 心に染みて、、 私が いつも思うことは 離婚する夫婦はなにゆえに 自己のエゴで 簡単に子供を犠牲に出来るのか。。とまあ 簡単にはいっても それが中々互いに うまくいかないものなんですが、、ʕ⁎̯͡⁎ʔ༄ それでもビリーの願いは ただ一つのはず パパとママと 3人で 仲良く毎日フレンチトーストを食べたいと、、 大人には 夫婦には 夫婦の事情があり もちろん 自身の人生が大切で 有意義で 価値あるものだからこそ 愛息にも 不自由ない 深い愛情が かけられる 、、という理屈は わかっちゃいるけど いかんせん幼少のビリーには そんな夫婦の事情は 1ミリも理解できません そこは わかってやろうぜ世の御夫婦様(´∀`) 本作のラストで ジョアンナが取った 行動を 良くも悪くも 観る者の判断で 違うとは思いますが、、 私は とにかく 愛する子供の成長を共に見ていたい ともに過ごしたい 一緒にいる時間を少しでも 多くしたい なにより なにより ビリーにとって 1番良い選択肢を考えられる 父親テッドが それを演じる ダスティンホフマンの ほぼ 出そうで でない涙の 名演が 『このラストに近づくダスティンホフマンの表情は必見の価値あります!』 私には 胸にも ずっと ラスト15分ほどのシーン胸に刻まれました。 本編105分 あっというまに 経ってしまいますが、、 こぉいう 作品こそ パート2が 観たかった、、 ちなみに 監督のロバートベントン 俺たちに明日はない の脚本を手掛けてるんですね!すごいです さすがです!ブラボーです クレイマークレイマーの 監督 主演者 皆まだ御存命(^O^☆どうかなにとぞパート2を !!!!!!(_ _).。o
110