レビュー
レビュー
アリちゃんパパ
star2.5
女流日本画家の愛憎を描いた文芸作品です。 東映が文芸大作に舵を切っていた当時の作品ですが、監督が凡庸な中島貞夫だったせいかダラダラとエピソードを重ねただけの退屈な作品になってしまいました。当時美しい盛りだった名取裕子は良かっただけに残念です。
30