レビュー
レビュー
star4.0
ラーイーヤー 空に見事なキノコの雲 小道で餌を食む小鳥の午後は 木漏れ日の芝に手を触れて 君と語ろう ほらランチのベンチの上で夢は花咲く 波の音をその胸に憂鬱は沈めて 橋を明日に伸ばし、津波など案ずることなく ラーイーヤー 強烈なインパクトのあるOPでした。 話は見る人によっていかようにも感じることができ、妄想、無力、欲望、絶望などが交錯した社会の不気味さを見事に表しています。 もう観たくない。 でも・・・
50