レビュー
レビュー
star4.0
見るのがつらくもあったが、凄い作品。 親子とは何か。愛するとは何か。 尾野真千子演じる実の母親が虐待に至るまでの経緯が胸に迫った。 初めから可愛くなかったわけじゃない、愛していなかったわけじゃない。 母親による子供への虐待のニュースが報じられる度、何故そんなことが出来るのだろうと胸の中に単純にあった疑問の一端を教えてもらったような気がした。
20