レビュー
レビュー
star3.5
「悪女 AKUJO」観たなら「聖女」も観ないとね!的な安直な発想と(笑)「The WITCH 魔女」も含めたヒロイン大暴れなノワール・アクション作品の系譜だったら、きっと一定以上の楽しさはあるはず!という勝算のもと鑑賞。本作は前述した作品たちと比較しても、もっともストレートで一本道なアクションものでした。 軽度の知的障害がある妹ウネ(パク・セワン)をヤバいひとたちから奪還するために、姉イネ(イ・シヨン)がクズ男たちを順番にいたぶり倒しては、そこで新しい武器や情報を手に入れて黒幕に近づいていく...という展開は、まるでアドベンチャーゲームのようです。圧倒的ざまぁwww(でも倫理的にはアウトw)っぷりは、タランティーノの「デス・プルーフ」を思い出したりもしました(笑) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ とにかく主演のイ・シヨンさんの肉弾アクションのキレが一番の見どころです。彼女はなんとボクシングで韓国選抜に選ばれるほどの実力者(!!!)であり、つまりはガチで強い女優さんとのことです。日本だと南海キャンディーズのしずちゃんや武田梨奈さん、山本舞香さんなどが思い浮かびます... ただ彼女の圧倒的な体技を魅せようとする意図からか、せっかく手に入れた車や武器を結構すぐに放棄してしまうため(笑)もっといろんなバリエーションの格闘シーンが観たかったな...というのも正直なところです。 2019年日本公開。監督は「人形霊」などの製作を務めたイム・ギョンテク。
40