レビュー
レビュー
star4.0
さっそく無印観ちゃいました。 いやぁ、案外忘れてるもんだね。それもそうか、最後に観たのは小学生だもんな。たぶん。 20年以上に制作された『ジュラシック・ワールド』を観た後でも楽しめるもんだね。面白かった。 CGやアニマトロニクスといった当時最新の技術を駆使したこの作品は、今観ても古臭くない。まぁ、デジタルリマスターとかで公開当時よりもよほどキレイな映像にはなっていると思うけど。 草食恐竜と触れあったり、小型の恐竜に追いかけ回されたり、ハラハラドキドキワクワクの連続ですな。幼少の頃の気持ちを取り戻せるね。配役に子どもが選ばれているのも、老若男女が楽しめるようになんだろうなぁ。 やっぱり映画は映像の美しさとか、恐竜のリアリティーだけじゃないんだね。もちろんそれも大切だけど、大事なのは、何を見せるかなんだね。この当時よりも技術は発展しているけど、この作品よりも胸踊る作品は少ない。映画は映像だけではないんだね。 スピルバーグってすごいよなぁ。
60