レビュー
レビュー
star4.5
クリストファー・ノーラン監督によるバットマン三部作最終章。 この最終章はやはり前作のジョーカーが、、、と言う方が多いと思う。 それは間違いでも何でもないけど、個人的にはこの作品だけ、ではなく。 三部作としての流れ、ビギンズ、ダークナイトがあってのこのライジングと考えたら納得の作品だった。 三部作合わせて一つの作品と感じてる。 バットマンの存在理由、価値、必要性。 前作、前々作の積み重ねの上、最後に現れた敵はは「力」そのものではないという作りが秀逸だと思う。 圧倒的な力に、力で返すだけがヒーローではない。と願いたい。 加えて、個人的によかったのがキャットウーマン。 バットマン自体もそうだけど、バットマンに出てくるキャラ達の服装はいかんせん今の時代にはダサい。 これはバットマンに限らずアメコミヒーローものの共通点で、このダサさをいかに現代の人達に合わせるかというのが大事な工程だと思っている。 成功しているヒーローものはその工程がちゃんと処理されているからこそ、成功に繋がっているはず。 この作品で言えばキャットウーマンはかなり処理しにくいだろうなぁと個人的に感じていた。 だって、猫耳ですよ? ハル・ベリー主演のキャットウーマンとかもう目も当てられなかったし、、、 と不安がっていたけど、今作のキャットウーマンの猫耳の処理の仕方。 あー、なるほどねぇ。って。 納得できた。 それに、キャットウーマンが作品に出てくるタイミングもよかった。 前作、前々作からの流れがこういうとこにも表れている。 三部作という形で終わってしまったことは後ろ髪を引かれるけど、名作はだからこそ名作なんだと。
100