レビュー
レビュー
star3.5
原作はかなり前に既読。 寺尾聰主演の映画はあまり好きではありませんでした。 今回はWOWOWドラマ全5話を観ました。 やはり丁寧に描くには全5話は必要だったと思う。 娘を無惨に殺された父親を竹野内豊さんが熱演。 何も非がない自分の娘が奪われた無念が伝わってきました。 犯人を追う警察側の役者陣も安定の演技。 そんな中で事件の特ダネをすっぱ抜きたい週刊紙の女性記者がインパクト大! どんな場所にも現れて手段を選ばない記者、小田切ゆかり。 演じる瀧内公美さんは「彼女の人生は間違いじゃない」や「火口のふたり」など、いつも役幅が大きいな~。 時節柄、マスクやフェイスガードなどを使っていた中で、古舘寛治氏の鼻マスクが気になりました。 (そんな役どころなんでしょうが…) と言うことで、WOWOW版は見応えがあり、韓国版もちょっと気になりました。
00