レビュー
レビュー
star2.5
「主役不在の絡み無しな群像劇。」 ウシジマくん実写映画第3弾。そしてこの後はFINAL、即ち最後の実写化へと続く。言わばラスト前の前哨戦となる本作だが、今回は今回でキッチリ話は終わってるので、続くみたいな流れにはならないのでそのへんはご安心を。 前回は登場人物が多くて群像劇の体を成していて、まだちょいちょい話が絡んでいく場面もあったが、今回はそういうのはほぼ無い。最初から最後まで2つの物語を場面切り替えで展開していくのみ。身も蓋もない言い方で言うと、ドラマの2話分をザッピングしながら観てるようなモノ。 そしてこれは仕方の無いコトなのかも知れないが、これまで以上にウシジマの出番が少ない様な気がする。というのもウシジマを狙うような奴もいなければウシジマが苦戦するような敵キャラもいないし、ただ単に金を貸して返してもらっただけぐらいの活躍しかしてないような。どちらかというと戌亥のが役立ち度のが凄かったよ。 話自体はちょっと上手く行き過ぎの様なトコもあるがどちらの話も面白かったし、因果応報的&再スタートとしてのオチもバッチリなんだが、如何せんレギュラー陣の活躍の少なさがかなり目立った今作だった。西原茜なんて2回ぐらいしか出番無かったんじゃないか。その少ない出番でもインパクト大の怖さを与えてくれたのは流石だけど。 余談、動く白石麻衣を観たのは初めてと言っていいくらいなんだけど、確かに可愛いわ。写真集がバカ売れするのも分かる。
30