レビュー
レビュー
star3.5
大人も子供も一緒に楽しめる作品! 自分の子供が小さな頃に一緒に観たかった映画と思えた感じ。 キャラクターや背景がフェルトや布の風合いで柔らかくて優しい。 映像はキャラクターだけにピントを合わせ、前後をボカした手法は子供をキャラクターのセリフに集中させたい感じが印象的。 ストーリーは予想通りに単純(笑) 音楽のジャンルの違いで国が分裂。 ロックの国が世界を征服しようとするストーリー。 作品で流れる音楽は自分のストライクゾーンでかなり良好! 音響の甘さは小さな子供を配慮した音量や音質と判断して不満はありません。 自分は音楽のジャンルの違いを人種無差別と置き換えて表現したかった作品だったと思えた作品。 そんな作品なんだけど、ロックの国が悪者役ってそれは音楽差別じゃね(笑) 人種や国境なんて考えないでみんなひとつになれば良くね!? って思えた作品。 ぶっちゃけ上白石萌音さんの歌が目当てでした。 彼女の歌声も良かったけどそれ以上に収穫のあった作品! 「指切りげんまん」は最強のツールなのか? 気になります( ´∀`)
20