レビュー
レビュー
star3.5
侠飯 任侠と聞くとおっかなくて荒々しいイメージがある。 ごはんも、自炊ではなく外食かコンビニで済ませてしまいそうなイメージだ。 このドラマではそんな任侠の2人組がとある事件をきっかけに、ある普通の大学生の部屋にしばらく、居候することになる。 そして、大学生の家で任侠達によって行われるのが料理だ。 最初に僕の任侠のイメージを書いたが、厳つい風貌とは対照的に 細かい料理の味付や下ごしらえをサラッとやってしまうのだ。 料理に出てくるのは缶詰のオイルサーディンとネギ飯、ちくわとキュウリのかき揚げだ。 ガツガツと食べる柄本明の食事シーンが食欲をそそるし、厳つい任侠の男が繊細な料理の味付けをしているのは、なんとも言えないギャップがあった。 任侠と料理、面白い組み合わせだと思う。
00