レビュー
レビュー
    star5.0
    評判と違い大変素晴らしい映画です。 父親らしくない福山をわざと主役にした感があり、いつもの福山のイメージがそのまま役になっています。 リリー・フランキーの家の品のなさを巧く演出しており、対比が分かりやすくなっています。 ここまではまあまあの映画ですが、写真の場面で一気に涙腺崩壊。 映画史上屈指の名場面と思われ、涙や言葉がないのに福山が最高の演技を見せ、素晴らしい演出で予想外のパンチにダウンしました。 喉仏で魅せる演技はこの映画以外知りません〜(o^^o) 私は最初から絶対交換しない派なので冷静に観れましたが、色々と考えさせられる映画です。
    120
    裁判所の帰り、喫茶店で母親2人が憎悪の渦になってる横で蚊帳の外の父親2人。母親が主人公だったらもっとドロドロしたろうね。父性は天与のものではなくプロセスを経て獲得していくもの。それが丁寧に描かれてる。
    110
    これまた是定監督のとんでもない作品。赤子の取り替えで自分の子供が他人。なら元に戻して交換しよう、とありそうでなかった内容。 主人公は裕福な家庭を築くちゃんとした社会人ながら、子供にどこか無関心。それが福山雅治にはまり役。福山、尾野と配役で見る気がなかったことを後悔した。 戻ってきた子供を愛そうとする母親が、かつての息子に申し訳ないと思う気持ちはなんとも切ない。 血より濃い家族の繋がりを描いた万引き家族もそうだが、結局今家にいる我が子を愛せるのが本当に父になるってことなんだろう。
    90