『インスタント沼』のポスター

インスタント沼

2009 ・ ドラマ ・ 日本
平均 ★3.2 (3,110人)
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

インスタント沼
2009 · 日本 · ドラマ
120分
担当していた雑誌が休刊になり出版社をやめることになった編集者の沈丁花ハナメ(麻生久美子)。好きな男にも振られ、ドロ沼のようなジリ貧人生をやり直そうと身の回りの荷物を処分した矢先に衝撃の手紙を発見。そこにはハナメの実の父親が「沈丁花ノブロウ」という全く知らない男だと書かれていた。あわてて母親(松坂慶子)に聞いてみるが、母親は河童を探しに行ったとかで池に落ち病院に運び込まれてしまう。母親を見舞った後、事実を確かめようと、手紙を頼りに「沈丁花ノブロウ」を訪ねる。しかし、そこにいたのは“電球”(風間杜夫)と名乗るうさん臭い骨董屋「電球商会」の店主だった。怪しげな彼を自分の父親とは認めないハナメ。だが、そこで出会ったパンクロッカーのガス(加瀬亮)に「2人とも顔がそっくり」と言われてしまう。電球との距離が徐々に縮まっていくうちに、ハナメはいつしか骨董の魅力にはまっていき、やがて本当の父親かもしれないという気持ちが芽生え始める。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均3.2
(3,110人)

レビュー

60+
forward

WATCHAで今人気の作品はこれ!

最も観られた作品を紹介🎬

WATCHA

視聴可能なサービス


この作品が含まれたまとめ

32
forward
今まで★ 586,750,473件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2011 Watcha. Inc