基本情報
基本情報
    原題
    The Sessions
    製作年
    2012
    アメリカ
    ジャンル
    ドラマ
    上映時間
    95分
    あらすじ
    カリフォルニア州バークレー。マーク・オブライエン(ジョン・ホークス)は、6歳で患ったポリオが原因で首から下が全く動かず、さらに重度の呼吸障害によって、カプセル型の呼吸器の中で横になったまま人生の大半を過ごしていた。そんな彼の楽しみは、派遣ヘルパーに付き添われて、ストレッチャーベッドで移動する1日3~4時間の散歩だ。それでも、自分の境遇を全く悲観せず、誰よりもポジティブな人生を送っていた。1988年に大学を卒業すると、詩人、ジャーナリストとして自活。教会通いを習慣にしていた彼は、新任のブレンダン神父(ウィリアム・H・メイシー)と相談の上、横暴なヘルパーをクビにして、若くて美しいアマンダ(アニカ・マークス)を雇う。その優しさに心を奪われたマークは、思い切って結婚を申し込むが、願い叶わずに彼女は去って行く。そこへちょうど、障害者のセックスについての原稿依頼が舞い込む。新しいヘルパーのヴェラ(ムーン・ブラッドグッド)とともに進めた取材で耳にした様々な体験談に衝撃を受けたマークは、勇気を出してセックス・セラピストに連絡。女性と深い関係を持てるように心身を導いてくれるセックス・サロゲート(=代理人)として現れたのは、成熟した女性の美しさに満ちたシェリル(ヘレン・ハント)だった。セッション初日に彼女は、料金は受け取るが売春婦とは違う事、セッションの回数は6回までということなどを説明。3回目のセッションで遂に初体験を成し遂げる。さらに、マークからお茶に誘われたシェリルは、仕事以外では会わないという主義を曲げて面会。2人の間には温かい感情が流れ始めるが、マークから妻宛ての手紙を見たシェリルの夫が取り乱す。その手紙は、魂に直接触れるような美しい愛の詩だった。4回目のセッションで身も心も深く繋がったことを実感した2人は、マークが未来で出会うであろう愛のため、ある結論へと辿り着く……。