『レンブラントの夜警』のポスター

レンブラントの夜警

2007 ・ ドラマ/サスペンス ・ ドイツ/カナダ/フランス
平均 ★2.9 (39人)
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

Nightwatching
2007 · ドイツ · ドラマ
134分
1641年、オランダ。肖像画家として成功したレンブラント(マーティン・フリーマン)は35歳にして人生の絶頂期にいた。妻のサスキア(エヴァ・バーシッスル)は画商を務め、ふたりは着々と富を築いていった。1642年、アムステルダムの市警団から集団肖像画を依頼されるが、レンブラントは乗り気でない。しかし産後の体調が優れないサスキアのためにいやいやながらも承知し、レンブラントは注文主の人となりを理解するために市警団の人間と付き合っていく。まず軍曹のロンバウト・ケンプの身辺に踏み込み、そこに罪の匂いを嗅ぎつける。彼の表の顔は孤児院院長だが、裏では子供たちに売春させ、幼女にした姉妹には自ら虐待を加えていた。ある日、隊長が訓練中の誤砲で死んだという報せが入る。副隊長が逃亡したため、新たな次期隊長と副隊長が任命される。英国王女の来訪が間近で、この護衛任務にあたれば、栄誉と利益が待っている。そこに市警団の陰謀を感じたレンブラントは、絵筆で彼らの罪を告発することを決意する。市警団はスキャンダルの宝庫であった。たどり着いた真相に浮き立つレンブラント。だが、妻のサスキアが亡くなってしまう。しかし、レンブラントはなんとか肖像画を完成させる。肖像画を見た市警団はレンブラントに罵声を浴びせ、陰湿な復讐を決意する。手始めにレンブラントの家政婦ヘールチェ(ジョディ・メイ)がまるめこまれ、レンブラントを誘惑する。サスキアを亡くした悲しみを忘れられる、とレンブラントは彼女の肉体に溺れていく。目を覚ますきっかけは、軍曹の養女が目の前で飛び降り自殺をしたことだった。レンブラントは人生を見つめなおし、ヘールチェを追い出し、少女のときから側にいた家政婦のヘンドリッケ(エミリー・ホームズ)と純粋な恋に落ちる。正義を貫いたレンブラントは富と名声の代わりに、真実の愛を得ることができたのである。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均2.9
(39人)

レビュー

5
forward

今週の新作をご紹介✨

WATCHAで配信中🎬

WATCHA

視聴可能なサービス


この作品が含まれたまとめ

6
forward
今まで★ 619,380,697件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.