岸辺露伴 ルーヴルへ行く

岸辺露伴 ルーヴルへ行く
2023 · サスペンス/ミステリー · 日本
118分
(C)2023「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」製作委員会 (C) LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
評価分布グラフ
平均3.4(1,806人)
評価する
3.4
平均評価
(1,806人)
漫画家・岸辺露伴(高橋一生)は、人の心や記憶を本にして読み、指示を書き込むこともできる特殊能力を持っている。露伴は青年時代に淡い思いを抱いた女性から、この世で「最も黒い絵」の噂を聞く。それは最も黒く、この世で最も邪悪な絵だという。時は流れ、新作を執筆していた露伴は、その絵がルーヴル美術館に所蔵されていると知る。取材とかつての微かな慕情のためにフランスを訪れるが、不思議なことに美術館職員ですら黒い絵の存在を知らなかった。データベースでヒットした保管場所は、今はもう使われていないはずの地下倉庫「Z-13倉庫」だった。そこで、黒い絵が引き起こす恐ろしい出来事が露伴を待ち受けていた……。

キャスト/スタッフ

レビュー

150+

ギャラリー

動画

この作品が含まれたまとめ

63

似ている作品

    • 出典
    • サービス利用規約
    • プライバシーポリシー
    • 会社案内
    • © 2024 by WATCHA, Inc. All rights reserved.