レビュー
レビュー
    star3.0
    「渋かわいい大人の青春」 たとえ老境に入ってもカッコよく生きていたいという希望を胸に“背伸び”してる登場人物たちを見ると、いつまでも憧れや夢は持っていたいなと思いますねー。終盤で弥生さん(大楠道代さん)が「悪あがきよ」と言っていたように、それぞれが作家として、女優として、検事として、はたまた女として「このまま終わってたまるか!」ともがく様子がせつないです。若者が「何者かになる」ためにジタバタするように、「何者でもなくなる」ことに抗うためにジタバタする大人の青春とでも言いましょうか。 そういったものを「ハードボイルド」という、日本人にはちょっと背伸びであり、尚且つもはやレトロさを感じるジャンル・美学で味付けしているのが本作の最大の味わいではないでしょうか。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ “夜は別の顔(笑)”な小説家・市川(石橋蓮司さん)ですが、陽があるうちはハードボイルドとはほど遠い普通のおっちゃんなわけで(笑) 理想と現実のギャップを最大級に醸しているのが、朝食のしじみ。しじみって、どうやったって絶対にかっこよく食べられませんもんね(笑) この朝食のシーンはほんとに可笑しいです! ナイスチョイス!!笑 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 日本を代表する超豪華キャストのみなさんがキャッキャされているのも見どころです。豊川悦司さんはマジでエンドロールまで気づきませんでした(笑) また、佐藤浩市さん & 寛一郎さんのガッツリ親子共演をはじめ、共演シーンこそないものの柄本明さん & 佑さん親子、そして故・原田芳雄さんの娘である原田麻由さんといった、往年のスターと二世(三世)の活躍も堪能することができるのもお得! いつかは自分にも訪れる年代へ思いを馳せながら、ベテランたちの渋かわいい感じも堪能できるいぶし銀コメディでした。正直なところ、わたしはハードボイルド的なかっこよさはあまりわかりません(笑) 2020年公開。監督は「傷だらけの天使」シリーズや「半世界」などの阪本順治さん。主演は今作が映画初主演(!)となる石橋蓮司さん。
    90
    そうか、評価、それほど高くないんだ。でも、松田優作と相性が良かった丸山昇一の脚本は洒落ていて、演出も男の生き様とダンディズムを得意とする阪本順治。そして、主演は日本で最高のバイプレイヤーのひとり石橋蓮司。共演は大楠道代、岸部一徳、桃井かおり、佐藤浩市、豊川悦司、江口洋介、妻夫木聡、柄本明、他にも有名俳優多数。まるで、沢山の俳優が、久しぶりの石橋蓮司主演作品に集まったみたいです。石橋蓮司の主演作品で、桃井かおりが出ているとなれば、原田芳雄や松田優作が生きていたら、金も台詞もいらないから出してくれって言ったかもこしれませんね。『サマータイム』を歌う桃井かおりのカウンターの片隅で、それぞれが静かにグラスを傾けているシーン、きっと様になったかも知れません。と思っていたら、クレジットで『バーy』の看板のデザインが原田芳雄と言うのを見つけました。なるほど、こう言う処に繋がっているんだと思うと嬉しかったです。大人の映画、欧米ではよく観るのに、最近の日本映画は若者の恋愛映画ばかりだったので、久しぶりにジャズのBGMと共に大人の日本映画に満足させてもらいました。
    30
    桃井かおりが助演女優賞をとった作品。 ハードボイルドらしいがタイトルはコメディタッチ。内容は両方を兼ね備えた感じでした。 なんといってもキャストが渋い。自分の中では、石橋蓮司も岸部一徳も悪役のイメージが強い。だから、もっとピリリとした雰囲気の作品と予想していたのですが、ちっとも手に汗握らない感じで力が抜けていてクスクスできる作品でした。 五木が言うように『ハードボイルドは流行らない』からコメディをふんだんに取り入れたのか、はたまたそんなジャンルがあるのか。 寛一郎とのシーンの佐藤浩市は力が入っているようでしたが、面白かったです。 何かというと「パワハラですよ」と言っちゃうイマドキ感を盛りつつも、おじいちゃん世代がかっこよく生きている。ヨボヨボ感は否めませんが。 妻夫木聡は浅田家よりもこっちの方が助演男優だと思いました。
    30