レビュー
レビュー
    star4.0
    やっぱり、松田優作の遺作。その怪演はどうしても惹かれるものがある。世間での松田優作が凄いというよく分かる作品。高倉健も実にシブい。 あとは、リドリースコットの独特の世界観。ちょっとだけ歪められた日本の風景が非常に好き。この舞台が大阪やからか、よけいに観てしまう。 ストーリーは特に悪くもないが、凄く面白いとは感じなかった。 けどこの独特の雰囲気が個人的に大好きなので、評価高めにした。
    30
    ◾️◾️◾️ [的確な判断][敏速な行動] なんだかこの時代の洋画と邦画の境目をゲシュタルト崩壊させられそうな、不思議な作品だなぁと思いました。 役者さんたちも輝いてますね、素晴らしい(こんな人まで出てる!と驚きながら観てました) ◾️◾️◾️ 拭い去れない「謎日本観」はご愛嬌ですよね。『リトルトウキョー殺人課』とかに比べるとビックリするくらいはるかにマトモなんですけども。(当たり前だ) [確固たる【安全性】] ◾️◾️◾️ あとこれは「日本語を喋るシーンのある洋画」全般に言えることなのですが、やはり登場人物が日本語を話しているときにも字幕表示をしてほしい……(カタコトや滑舌の悪い役者さんのときは特に)。 ◾️◾️◾️ [諸行無常] 最終的に憎悪に任せた復讐ではなく、「理性」と「法」を守ることで人間として、そして刑事としての尊厳を勝ち取った主人公の選択に、心からの敬意を表したい。 [功者労] ◾️◾️◾️
    20