『女性よ永遠に』のポスター

女性よ永遠に

1953
評価する

視聴可能なサービス

forward

基本情報

Forever Female
1953
初日の舞台をすませて料理店“サルディ”に現れたビートリス ・ペイジ(ジンジャー・ロジャース)は、芝居の評判が芳しくなかったので不機嫌だった。彼女の連れはこの芝居のプロデューサーで、かつての彼女の夫E・ハリー・フィリップス(ポール・ダグラス)、彼は今でもビートリスを愛していた。2人はここで若い劇作家スタンリー・クラウン(ウィリアム・ホールデン)と会い、彼が書いた新作脚本を見せられた。50歳の母と19歳の娘が出るこの脚本は、ハリーの気に入り、19歳の娘をビートリスのために29歳に書き直して上演することにした。この話を聞いた若い女優サリー・カーヴァ(パット・クローリー)は、スタンリーを直接訪れて娘の役を自分にやらせてくれと頼んだが、ビートリスに愛情を感じはじめていたスタンリーは断ってしまった。サリーはスタンリーに想を寄せるようになったが、女の直感でそれをいち早く知ったビートリスは、2人の間を遠ざけるためサリーを旅興行に廻した。そしてサリーの留守中にビートリスとスタンリーの仲は人目につくほど進行したが、一方サリーは旅興行を抜けてニューヨークに帰り、改作脚本を酷評してスタンリーを怒らせた。しかし、試演はサリーの予言通り不評だった。ビートリスは失望したスタンリーを慰め、ブロードウェイが休演する夏中にもう1度書き直すことをすすめた。その夏、メイン州の小都市でスタンリーの脚本を上演している劇団があるというニューズが伝わり、スタンリーとハリーが行ってみると、それは改作されない前の彼の脚本をサリーが演じているのであった。サリーの演ずる19歳の娘は立派に生きていた。スタンリーはサリーの言の正しかったことをさとった。一方、ビートリスも自分の誤りをさとり、彼女を真に愛してくれるものがハリーであると気づき、秋のシーズンには50歳の母親役を引きうけ、サリーに主役を与えることを承諾した。上演はもちろん大成功だった。そしてスタンリーとサリーが結婚し、ビートリスとハリーが改めて結ばれたのはいうまでもない。

キャスト/スタッフ

forward

映画好きは必見!

WATCHAで映画をもっと楽しもう

WATCHA

視聴可能なサービス


今まで★ 630,727,046件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.