『ライフwithマイキー』のポスター

ライフwithマイキー

1993 ・ コメディ ・ アメリカ
平均 ★3.0 (35人)
評価する

見る

forward

基本情報

Life with Mikey
1993 · アメリカ · コメディ
91分
「ライフ・ウィズ・マイキー」という人気テレビドラマで天才子役として活躍したマイキーことマイケル・チャップマン(マイケル・J・フォックス)は、すでに31歳。今は子役専門の三流タレント事務所を、兄のエド(ネイサン・レイン)や受付嬢兼秘書のジーナ(シンディ・ローパー)と経営している。子役から大人の俳優への転向に失敗した彼は、やる気のないルーズな日々を送っていた。スター子役もいない会社は、明日にでも倒産寸前だ。そんなある日、マイキーは町で出くわした少女スリ、アンジー(クリスティーナ・ヴィダル)の天性の演技力を認め、専属のタレントとして迎え入れる。起死回生のためにクッキー会社のCMイメージキャラクターに仕立てようというのだ。大人顔負けのこまっしゃくれたアンジーとマイキーの奇妙な共同生活が始まった。いよいよ面接の日、コーコラン社長(デイヴィッド・ハドルソン)の前でも平気で悪態をついたアンジーは意外にも気に入れられ、めでたくCMキャラクターに決定。だが撮影までが困難の連続。だが、マイキーのアドバイスでアンジーは無事にこなした。ところがオンエアの直前、死んだと知らされていたアンジーの父親がアルコール中毒患者のリハビリセンターにいることがわかる。父親のサインをもらわないと、契約不履行で訴えられるため、マイキーはセンターに向かう。父親は子どもたちと暮らすことを望んでいた。だが、アンジーは荷物をまとめて出ていく。マイキーは彼女を捜し出してリハビリセンターを訪ねる。アンジーはやっと父親に心を開いた。マイキーには寂しいが、これが一番いい方法だった。一方、会社は看板子役バリー(デイヴィッド・クロムホルツ)の大手プロ移籍で閉鎖のピンチを迎えていた。やっと過去を精算してやる気になったマイキーに恩返しするため、アンジーは巧みにバリーを思いとどませる。事務所は閉鎖の危機を乗り越え、新しいスター、アンジーも誕生した。

キャスト/スタッフ

forward

評価分布グラフ

平均3.0
(35人)

レビュー

1
forward

映画好きのためのサービス

今なら31日間無料体験

WATCHA

見る


この作品が含まれたまとめ

1
forward
今まで★ 574,754,979件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2011 Watcha. Inc