勇者の街

1966
評価する

基本情報

Town Tamer
1966
正義のかたまりのような男ロッサー(ダナ・アンドリュース)は、カンサスの親分コンダー(ブルース・キャボット)に命を狙われていた。ライリーの子分リングは、コンダーの命令を受けてロッサーを狙撃、あやまってロッサーの妻ロルを殺してしまった。ロッサーはコンダーを殺すため、コンダーが支配する町ホワイト・プレインズに旅立った。途中駅馬車で、スーザン(テリー・ムーア)という美人と知り合いになり、お互いに心ひかれるようになった。スーザンは夫のティブナー(デフォレスト・ケリー)に会いに行くところで、ティブナーはコンダーのパートナーといわれている男だった。ロッサー来る!の報は町中に広がった。コンダーには多勢の子分がいたが、ロッサーの早射ちと対抗できる者は1人もいなかった。町では、町の発展のために、鉄道を通そうとするジェームズ(バートン・マクレーン)、ケント医師、ディビスなどが一団となって、コンダー一味と対立していた。そんな空気の中に、ロッサーが乗りこんできた。コンダーは子分のリングとホンジガーをシェリフに任命した。そしてロッサーを正式に逮捕させようというのだが、ロッサーの立派な態度に手が出せなかった。コンダーは大男のフロンを使って、ロッサーに喧嘩を売らせたが、フロンはロッサーに叩きつけられてしまった。そんなロッサーにスーザンはますますひきつけられていった。一方、町の人たちは、コンダーの暴力から町を守るため自警団を組織した。怒ったコンダーは一味を連れて、自警団と戦いを開始した。銃には素人の自警団は、コンダー一味の敵ではなかった。それを知ったロッサーは単身、コンダーの本部である酒場に乗りこんだ。凄絶な決闘が続いたが、リング、ティブナー、と倒され、ついにはコンダーも射殺された。妻の仇を討ったロッサーは、何故か淋しそうに町を去っていくのだった。

キャスト/スタッフ

forward

映画好きは必見!

WATCHAで映画をもっと楽しもう

WATCHA

今まで★ 629,624,568件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 会社案内
  • カスタマーサポート
  • cs@watchapedia.co.jp
  • © 2021 by WATCHA, Inc. All rights reserved.